FC2ブログ

太陽光発電システム

我が家には太陽光発電システムが2基設置されています。

1基は家庭用、もう1基は事業用になっており

家庭用には蓄電システムも接続しています。

優子のブログを閲覧してくれている方は御存知と

思いますが、お姉ちゃんのお仕事の関係上、

導入したのですがテスト的に家庭用太陽光の内部の

基盤ブログラム変更をしたようでエラーが発生したとか?

しないとか?詳しいことは優子には判りませんが、

お姉ちゃんが何かやってました。

事業用は制御装置のメモリに1台はマスターとして、

ほかはスレーブとして認識させRS232Cなどの通信にて

全台の状態をマスターが集約するようにしている

とか・・・。

パワコン間が非絶縁であるため太陽電池の対地

インピーダンス、主にキャパシタンスの大きさに

よっては、パワコン間での循環電流、主にスイッチング

周波数成分の電流が流れ、パワコン内部の地絡保護機能が

動作したり連系変圧器低圧側に接続される他の一般負荷へ

のエミッションの影響に注意する必要があって、

スイッチング周波数領域における回路のコモンモード

インピーダンスを高くするか,若しくはスイッチング

タイミングの同期化などによる対策を講じる必要がある。

あとはMPPT制御の細分化と言ってました。


??????????????

ふ~~~ん

としか言えませんが・・・・。


これは、どういう意味なの?

誰か教えてください。

ちなみにお姉ちゃんは教えてはくれませんので。。。。




太陽光発電システム

我が家の太陽光発電システムは、

今、何年目なのか?忘れましたが2基あります。

1基は家庭用で、もう1基は事業用です。

家庭用は買取り期間が10年間なんですね。

お姉ちゃんが10年目以降は買取り単価0円とか言ってました

0円って・・・・。

買取り無しって事なのかな。

詳しいことは聞いてませんが皆さん、どう考えてるのでしょうか。

優子には難しくてわかりません。

太陽光のお勉強

ブログでも少し太陽光発電のことを

アップしていますが、

暖かくなってきたし、

節電、エコを考えて太陽光発電の

お勉強をまた始めました。

実は、このブログをスタートした

当初は、お勉強をしてたのですが

難しくて…(笑)

三日坊主だったわけです。



何から学べば良いのか(笑)

とりあえず、何でも基本からだよね。

ネットで調べたりして

専門用語など覚えたりしてますが、

姉のブログが、すぐヒットするし…、

まったく何なのよ~。

皆さん基本で良いので、

わからないこと、教えてね。

雪はどうなんだろう?

我が家の太陽光発電システム、

朝、遠くからモジュールを眺めてみました。

近くからは見えないので・・・・。

モジュールが少し白くなっていました。

霜まではいかないとは思いますが、寒いからなんでしょうね。

関東なんで、まだ積雪とまではいきませんが、

モジュールに雪が積もってしまったら発電もしなくなってしまいます。

そこで、姉に聞いてみました。


雪の降る地域の積雪対策はあるの?と。

これは、太陽光発電システムを設置する前段階で検討しないといけない事のようです。

ユーザーさんは、わからないから業者が積雪まで考慮しメーカーを

選び設置するしかないよ!と言われました。


1つは、やはり傾斜角度、

もう1つは、モジュールの選び方にコツがあると言ってました。

モジュールのフレームの段差が少ないメーカーを選定すること。

各メーカーによって、モジュールのフレームの段差が違うんですね。

かなり高い段差のメーカーでは雪が止まってしまって凍ってしまうようです。

なるべく、段差がなく隙間の少ないメーカーを選び、

モジュールの並べ方は、横置きより縦置きのほうが雪は落ちやすくなると

言っておりました。


変換効率ばかり気にしてる方が多いようですが、

長く稼働する太陽光発電システムですから、

トータルで発電量を考えていったほうが良いようです。


今日は、真面目なブログにしてしまった・・・。





2基目の我が家の太陽光発電仕様は・・・。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

我が家のパワコン

ブログを見てくれてる方たちから

優子ちゃんのお宅の

2基目の大型太陽光発電50KWシステムは、

なんていうパワーコンディショナーを

使ってるの?と言った質問メールを

沢山頂きます。

優子は、まだまだ勉強中ですが

姉に聞いてみました。

我が家の2基目の50KWシステムで使用されてる

パワコンメーカーは、

SMAと言うメーカーだそうです。

パワコンの動作音はまったくしません。

動いてるかもわからないです。

とりあえず、写真は撮ってみました。

これは、また後で♪

太陽光発電稼働中

この連休中は秋晴れのようで

太陽光発電システムもフル稼働でしょうか


昨日から、姉の仕事関係の方達が見たことないような

機器を搬入しています。


何か設定とかするのかな。




最高の天気♪

すっきりした秋晴れ♪

我が家の太陽光発電システム2号機が

動き始めました。

たぶん(笑)


写真が上手く撮れないのが残念。

太陽光発電システムって、

勉強を始めてから、気がついた!


カタログに書いてあるくらいなら

ともかく、内部の構造とか発電のしくみとか

掘り下げていくと、かなり難しい!

研究者レベルでないと理解できない。



太陽光ブログやってる人達は、

勉強してるんだね。

今日も我が家は工事中

我が家の太陽光発電システムの設置工事は、

今日も業者さんたちが、がんばってお仕事してくれています。


優子は、お茶を出したりしていますが、


姉(沙良)は?・・・・・。


な~んにもしていない


お昼頃に部屋から出てきて、秋晴れで涼しいから気持ちが良いね~~って

言いながら、現れただけ・・・・。



ともかく、工事はあと半分くらいみたいです。

早く発電し始めると良いな。



快晴♪

昨日、今日と快晴♪

すっきりと青空が広がり雲ひとつない、お天気!

太陽光発電システムを設置してる方たちは

かなり発電したでしょ!

我が家の太陽光発電システムも調子よく発電しています。

優子は、最近はモニタリングもしていないので

数値はわかりませんけどね(笑)


我が家の2基目の太陽光発電システムは、

まだ施工中です。


通常であれば3日もあれば、50KWシステムくらいは

施工可能と業者さんは言ってましたが・・・。

いつ完成するのかな?


施工業者の職人さんとは別で、

それぞれの分野の専門家みたいな方も

出入りしていて大変そうです。




部材が搬入されてる。

我が家の2機目の太陽光発電システムの

設置工事のため、昨日から少しずつ

部品などが搬入されています。

分散して工事を行うようです。


今日は朝から責任者の方が最終確認に来ています。


距離を計りながら、ドロップの

再確認とパワコンの仕様を照らし合わせて

どのルートが最適かな~なんて

言っておりました。


我が家は姉がすべてやってますが、

太陽光発電ブログを運営してる人達は、

このような打ち合わせをすべて自分でしているなんて、

凄いですね、尊敬しちゃいます。

おっはー♪

おっはー♪

おっはー♪って、古いかな(笑)

今日は晴れるかな?、なんとなく晴れそうな

曇りのような・・・。

晴れないと、我が家の太陽光も頑張れませんよ~!


近日中に、我が家には2機目の太陽光発電システムが

設置されます。

これは、50KWくらいのシステムになります。

もうちょっと、早く設置する予定だったのですが

システムや性能、機能、バランスなどに、

姉が納得いかなかったようで、

何回も何回も施工会社が手直ししていました。


可哀想に(笑)


かなり怒られたりしていました。

施工会社の方も反論すればいいのに、

何も言えなかったみたいだし、

大変でしたね。


友人(関係者)のJさんの細かなデータや

分析力、豊富な知識からの指示も施工会社に

同時に課題として出されていたので

手直しは、凄かったと聞きました。

罵声まであったと・・・。


友人でもある、Jさんは姉をスパルタ式で指導した

人物です。

施工会社のかたは知識、実績では敵いませんから。


でも、施工会社の責任者の方は、

物凄く怒られたりして大変だったけど、

勉強になったし自信にも繋がります。と

言ってました。


やっと、着工です。

事故の無いようによろしくお願い致します♪


我が家の太陽光、数ヶ月経過しました。

我が家の太陽光発電システムも

稼働を始めて数ヶ月経過しました。

トラブルもなく調子良く動いてます。

私も、超スパルタで太陽光発電の

お勉強をさせられまして、

ある程度は、理解できるようになりました。

しかし、

まだまだ、優子の周りの人達と、

対等にお話はできるレベルではありませんが・・・。


昨日は、今まで見たことのない機材というか、

部品が届きました。

これらを使用して、何かするようです。



凄い!

少しずつ、太陽光発電システムに興味が

出てきて只今、勉強中の優子です。


結構、面白いかも。


モジュールの変換効率、モジュールの枚数、

パワコンの変換効率、屋根の勾配、方角。

モジュールに光が当たり電気が出来る。


その作った直流の電気を交流にして

使い、余ったら売電する。



太陽光発電システムの

カタログに書いてあることは、

非常に簡単に説明してあります。


こんな程度では納得しない!


もっと専門的な知識を

学びたいと思って!


しかし・・・。


やっぱり、かなり、奥が深い!

物理学のような・・・。

調べていくと

大学院とか、メーカーの研究室レベルまで

いってしまう。

聞いたことのない言葉がいっぱい!


だから、教えてもらいながらだね。
















発電がピコピコ。

今朝から、パソコンで我が家の太陽光発電システムの

発電状況を確認してました。

色々見てみると、優子には、わからないが

赤いランプが点滅しています。


なんだ?これは?


なんとなくだけど、故障してるといった感じでは

ない気がするけど・・・。


気になるな♪って、ことで純ちゃんに

電話して聞いてみた。



やっぱり故障ではなくて、データーを定期的に

取得して、数ヵ所に転送してるみたい。

壊れるわけないじゃん(笑)と、

笑われちゃった。


それと、まだ、設定することがあるから!と

言われてしまった。


かなり調子が良いみたいで、良かった♪


売電してるのか~? 我が家のシステム

我が家の太陽光発電システムが設置されて、

今日、姉(沙良)もお休みだったので、

家庭内で太陽光発電システムの研修(笑)をしてもらった。


姉(沙良)曰く、沙良が講師を無料でするなんて、

嬉しく思いなさいと言われました。


とりあえず、初心者の中の初心者でもある優子です。

解りやすく説明してもらわないと


だって、姉(沙良)は大学院出身ですし、

その業種の仕事しかしてませんし・・・。

プロ中のプロですからね。


--------------------------------

まずは、機器を教えてもらった。

屋根に設置してあるのがモジュールというらしい。

40枚設置されてました。

三菱電機製 212Wだそうです。

8.48KWシステムになるそうです。



屋根の大きさは、まだまだ余裕があるのですが、

姉の友人の純ちゃん(メーカー開発関係者)が枚数的に

40枚に変更しました。


あと、隣に10枚ほど予備として並んでいます。

これは、姉(沙良)が何かしてるようで、後日、詳しく説明してもらいます。


あと、パワーコンディショナーという機器が設置してあります。


北側の涼しい風が通る、外の壁に設置してあります。

とりあえず、こんな感じ。




姉(沙良)のブログから太陽光に詳しい方達が来ると思うので。

我が家の太陽光発電システム

8.48KWシステム

屋根勾配 22度  

モジュール 三菱電機製212W 40枚

パワーコンディショナー 田淵電機 8.0KWタイプ
(接続箱や昇圧ユニット無し)




姉(沙良)より。

田淵電機8.0KWパワーコンディショナー

マルチストリング方式、ストリング毎に入力電圧を制御するので、

一括入力方式で必要な容量合わせが不要です。

接続箱や昇圧ユニットといった中間機器を使わず、

直接本体に接続できるので中間ロスが発生せず施工も簡単。

ストリング単位であれば、別種類のパネルを組み合わせることも可能。


一般的な入力方式
1田淵



マルチストリング方式

2田淵



MPPT制御


一括入力方式では入力ピーク※が複数出るため、

最大電力点を見失うことがありますが、

マルチストリング方式ならストリングごとに

MPPT制御をするので、常に最大電力点を捉えます。

※P-V(電力-電圧)カーブの頂点が最大電力点。


4田淵


降雪の翌日の発電量推移。パネルに積もった雪が
次第に解けていくにつれ、
マルチストリング方式と一括入力方式とでは
発電量の回復に顕著な差異が見られました。

3田淵


マルチストリング方式なら、ストリングごとにパネルが独立しています。
あるストリングのパネルが故障しても他ストリングには波及しません。
ストリング単位で入力ON/OFFできますから、故障ストリングだけを電気的に切り離すことも容易。
修理を待つ間も発電を続けることができます

5田淵


大規模発電でも可能。

大規模発電施設では数千枚のパネルが使用されます。
250kW〜500kWクラスの一括入力方式パワーコンディショナを
使用する場合は、パネル出力を接続箱で束ねます。
その場合、パネル出力低下で電圧不均衡が発生すると全体の発電量に
波及してしまいます。まとまった症状が出るまではなかなか異常に気づかず、
出力低下による機会損失が長い間出続けてしまいがちです。

EneTelusのマルチストリング方式なら、ストリングごとに
パネル発電データを取得可能なため、パネル異常の初期段階で
出力低下を察知します。また、どのパネルブロックに異常があるかを
特定できるため、早急なメンテナンスが可能になります。
定期点検で運転を停止する時や万一機器が故障した場合でも
損失を最小限にくいとめることができます。


高周波絶縁トランス方式

太陽光パネルと地面との間にたまった静電気が地絡を引き起こし、
漏洩ブレーカが動作、停電してしまうリスクがあります。
高周波絶縁トランス方式なら系統とパネルが絶縁されていますので、
落雷や地震による系統異常で、万一パワーコンディショナが
壊れた 場合でも、電流が太陽電池側に流れることを防ぎ、
パネルには影響が及ぶことはありません

6田淵



日射量変動、天候によるロス

緯度や気象条件による日射変動は避けられないため、
地域の日射情報データを参照するなど、設置計画の際に
十分なシミュレーションを行って、想定される条件下でも
最大限の発電量が期待できるよう、システムを構築することが大切です。


設置角度、方位によるロス

日射条件は真南を100%として、東西に向くほど少なくなっていきます。
パネルの傾斜角は日本国内では30度付近が最適とされています。
設置計画の際に十分なシミュレーションを行って、想定される
条件下でも発電が期待できるよう、システムを構築することが大切です。

マルチストリング方式なら、パネル設置も柔軟に対応が可能です。



太陽電池の特異誤差によるロス


太陽電池モジュールも特性に多少のバラツキがあります。
この誤差により生じた不均衡がロスにつながります。
特に並列接続時にはパネル列間の電圧差が出来やすく、
高電圧パネル列から低電圧パネル列に電流が流れ、
システム全体としては低い方の電圧に引っ張られてしまうため、
ロスとなります。

マルチストリング方式なら、ロスを抑えることができます



モジュール表面の汚れによるロス


モジュール表面の汚れは太陽光受光を阻害します。
雨だけでは落ちない汚れもあるため、定期的な清掃作業は発電量の
維持につながります。特に落ち葉や飛来物の付着は部分的に
日射を落とします。部分影で特定のパネルの発電量が落ちると、
太陽電池の特異誤差によるロスと同じロスが発生します。

マルチストリング方式なら、ロスを最小限にとどめます


温度上昇によるロス

一般的に太陽電池は温度が高くなると変換効率が低下します。
日射量の多い夏よりも、適度に涼しい春・秋の方が発電量は
多くなります。パネル設置の際には、
できるだけ空気が流れるように工夫することが望まれます。



中間機器によるロス

接続箱や集電箱は太陽電池モジュールへの逆流破壊を防ぐため、
ダイオードを搭載していますが、ダイオードの動作電力と動作時に
発生する熱がロスとなります。
昇圧ユニットを使用する場合はさらに電圧変換ロスも発生します。
パワーコンディショナに入る前に発電量が目減りしてしまうため、
システム全体の効率を考慮しないと期待した発電量が
得られないことになります。

接続箱機能を内蔵した田淵のパワーコンディショナでは
中間機器によるロスは発生しません。



パワーコンディショナーの変換ロス


パワーコンディショナによるロスは変換効率だけではありません。
パワーコンディショナ自身が発する熱で温度が上がってしまうと、
運転効率を下げて冷却を行います(温度上昇抑制)。
また系統側の電圧が高い場合も運転効率を下げて出力を抑制します(電圧上昇抑制)。
パワコンを密閉空間に置いた場合は温度上昇抑制が発生しやすくなるため、
換気や冷却を施さないと発電が止まってしまうこともあります。

屋外設置であれば、温度上昇によるロスが発生しにくくなります。



故障時の停止ロス

パネルや機器が劣化や故障した場合、修理されるまで
システムを停止させなければなりません。
故障の検知や修理に時間がかかるほど、その間の発電量が
減ってしまいます。

マルチストリング方式なら、パネル故障時も発電が継続できます





詳しくは、姉のブログで御紹介するようです。

ちなみに、優子ではわかりませんので。










これが先かな。

太陽光発電システムのお勉強を

始めた優子ですが

今、気が付いた!

まずは、我が家の太陽光発電システムの

見方を覚えないと!

皆さんが、発電量とか教えてくれるけど、

どの数値が発電量なのか?


数値が・・・。

いっぱいあって・・・。


グラフみたいのも、いっぱいあるし・・・。

外部っていうのかな?


なにか、誰かがやってるような感じ。


でも、面白いかも。






お勉強

太陽光発電システムのお勉強を

始めた優子ですが、

さっそく、教えてくださる先生に

立候補してくれた方もいまして、

ありがとう♪がんばります。


そもそも、どんな仕組みなのか?

どうして電気が作れるのかな?


これから、自分なりに調べて勉強してみるのだ!

コメントで教えてもらえれば、

嬉しいな♪

我が家の太陽光発電システム その2

我が家の太陽光発電システムについて、

発電量を書いて!とか、システムは?とか

たくさんのご意見を頂いてます。


ありがとう♪


しか~し!

優子は、素人でまったくわかりません。

発電量とかも、どの数値を見れば良いのか?

システムなんて難しくて、わかりません♪


なので、太陽光発電システムの

勉強をしようと思って、始めました。


すべてが、わからない(笑)


優しい皆さん、優子に太陽光発電システムの

ことを教えてね。

優子の太陽光発電の先生を募集中♪

太陽光が発電してる!

まったく忙しい!

朝から施工してくれた業者さん達が

やって来ました。


我が家の発電量を見て、大騒ぎ!

ありえない! 超スゲー!

なんで? どうしてこうなるの?!と。


ものすごく発電してるみたいで、

今まで、何千件と施工してきたけど、

間違いなくトップレベルだと責任者のおじさんが

言ってました。


施工業者の若いひとは、こんなに発電するなら

実家に設置しようかな!なんて言ってました。


お前は、設置してないのかよ(笑)


そう言われれば、この前より動きが軽いような

感じが素人の優子でも、わかります。


結局、先程まで写真撮ったり、

図ったりして、やっと帰りました。


まったく騒がしい。


電話で聞いたら、

ループするから、それをなんとか?して、

どうとか?こうとか?

優子には、わかりませんでした(笑)


プロフィール

優子

Author:優子
キラキラOL 優子です。
ネットショッピングと犬が大好き、
気まぐれで、わがままな日記を書いてます。

優子への直メール
優子への直メールです。 気が向いたら返信します(笑)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
OL日記
最新トラックバック
スポンサードリンク
リンク
ブログランキング